『縁結び・縁切りの神さま』として知られているよ。
火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)を出産するときにひどい火傷で命を落としてしまった伊耶那美命(イザナミノミコト)を伊耶那岐命(イザナキノミコト)が黄泉の国(=死後の世界)まで追いかけて行ったけど、醜く変わり果ててしまった伊耶那美命(イザナミノミコト)を見て怖くなって逃げ出してしまうんだ。
醜い姿を恥ずかしく思った伊耶那美命(イザナミノミコト)は伊耶那岐命(イザナキノミコト)を追いかけてふたりはケンカをしてしまう。
そこに仲裁に入ったのが菊理媛神(ククリヒメ)。
菊理媛神(ククリヒメ)がふたりの言い分を聞きお互いに伝えることで、2人は納得して黄泉の国とこの世、それぞれの世界に戻ることができたんだって。
縁切りの神さまといわれているけど、単に縁を切るということではなくて、「お互いが幸福になれる形で縁を断ち切り、良縁へと導く」という意味を持っているんだよ。
男女の仲を取り持つ縁結びの神さまというだけでなく、事業の商談成立の神さまともいわれているよ。
また、死者と生者を取りもった逸話から、シャーマンの元祖といわれることもあるよ。
●菊理媛神(くくりひめのかみ)

 縁結びの神
コビトカミサマカード 9枚目
*SNSでシェアする*


神さまの名前それぞれに、その神さまの意味が込められています。 私たちの名前にも、込められた意味があります。 日本では古来より、コトバには不思議なチカラが宿り、文字の一音一音それぞれの思念があるといわれています。 自分の名前の響きにどんな意味があるのか、カタカムナ文字で表現してみませんか?



〜コビトカミサマカードの番号について〜
コビトカミサマの並び順は、KATAKAMUNAの歌(ヒフミヨイ〜という歌)の通り『KATAKAMUNAの音霊の順番』であり、神様の優劣などではありません。