『火の神さま』だよ。
生まれるときにお母さん(伊邪那美神=イザナミノミコト)に大火傷を負わせ、亡くしてしまうという神話のエピソードがあるくらいなんだ。
火というキーワードから、『防火・防災の神、鍛冶の神』ともいわれているね。
火は力の象徴でもあるから、その土地を守護するとも考えられていたよ。
そして、火はものを燃やし灰にすることから、「浄化」の意味合いもあるんだ。
「古い自分(=考え)を浄化し、新たな自分(=新たなエネルギー)に生まれ変わる」
そんな意味合いも持っているんだよ。
●火之迦具土神
(ひのかぐつちのかみ)

 火の神 鉱工業の神
コビトカミサマカード 1枚目
*SNSでシェアする*


神さまの名前それぞれに、その神さまの意味が込められています。 私たちの名前にも、込められた意味があります。 日本では古来より、コトバには不思議なチカラが宿り、文字の一音一音それぞれの思念があるといわれています。 自分の名前の響きにどんな意味があるのか、カタカムナ文字で表現してみませんか?



〜コビトカミサマカードの番号について〜
コビトカミサマの並び順は、KATAKAMUNAの歌(ヒフミヨイ〜という歌)の通り『KATAKAMUNAの音霊の順番』であり、神様の優劣などではありません。